愛妻弁当に添えられた手紙が意味する姉さん女房のホンネ

意外と甘えん坊さんなお子ちゃまランチな
俺ですこんいちわ

今日の愛妻弁当はそれを痛感させられる意味あるお弁当でしたので紹介します。



うちの嫁さんは実は姉さん女房なんです!
でもっていつもの愛妻弁当のつきもの、メッセージカードと言いますか手紙・・・

これ↓
愛妻弁当・意味・メッセージ

ま~自分はどんぶり物が好きなので、よく弁当も丼にしてくれます。

それも真っ白なごはんとは別にラップを敷いて具が別々に入ってます
レンジで別々に温めてから食べる愛妻の丼弁当はさすが旨いのひとこと

・・・なんですけど、その辺りの別々になってるので自分でこうして温めてとか・・・

手順がこの小さな手紙に書かれてるわけなんですが、

今日のはちょっと違ってました、最後の行

「よ~く、噛んで食べなさいよ~^^ ^^」

(笑)

めちゃ笑いました。俺いつも丼物は江戸の商人ばりにかっくらって食べます。

なのでこんなことが書いてあるんですけどサイコーです

愛妻弁当・意味・豚丼

こんなにいっぱいの意味が込められた愛妻弁当はほかにはないですよ!