愛妻弁当に添えられた小さな容器に隠れた意味

こんにちわ、今日の俺の愛妻弁当は
【とり天弁当】です。毎度おなじみ弁当の意味シリーズ第五弾
( ̄ー+ ̄|☆キラ~ンッ

愛妻弁当と一緒に弁当箱に入っている塩の意味について
ちょっくら語りたいと思います。

画像にも映ってるオレンジ色の小さな容器が一緒に添えられていると
大体いつもお弁当のおかずが想像つくんです。

それは「今日の弁当は天ぷらだな~」って伝えたい意味がこの容器でをみて伝わってくるんです^^




天丼はつゆだくのほうが好ましいけど
俺は基本、天ぷらは塩で食べたいんです。

だから愛妻弁当にこの塩の容器が添えてあるときは、
「天ぷら」ですっていう意味=メッセージがはじめから詰まってるんです。

で余談ですが塩も瀬戸内海の「海人人の藻塩」っていう1キロ3000円以上する
美味しい塩を入れてくれてます。
たっぷり振ったあとまたつけながら食べます。
愛妻弁当・画像・とり天

ありがたいですよね。

いつも料理で使ってる塩は普通の塩なのに
付け塩とかにはちゃんとイイもの使ってくれる。

つくってくれた愛妻の気遣いというあたたかい意味が込められている
弁当の塩にまつわるお話でした~。